ビジネスで一歩先を行こう!

採用されたアルバイトを辞退する方法

アルバイトを探しているときはいろんな求人に応募する方が多いのではないでしょうか。
いくつか面接などを受けている間に他の条件の良いアルバイトに採用が決まってしまったり、面接の時点で自分には合わないと思い、辞退を考えることもあると思います。
では、相手に悪印象を残さずやんわりと辞退するにはどういった方法があるのでしょうか。
1つ目には、第1志望のアルバイト先への採用が決まってしまったといって、他のアルバイト先の採用をお断りする方法です。
これはよくある理由の一つで珍しくもないため、イヤな顔をされることはまずないといえます。
2つ目は、特に理由を言わず、都合が悪くなったため辞退したいと申し出る方法です。
シンプルに「都合が悪くなったので辞退させてください」と伝えると、相手側も「何か他人に言いにくい理由があるのだな」と察して、深くは詮索せずに「わかりました。
またご縁があったらよろしくお願いします」といった形で済む場合が多いです。
もし理由を聞かれたら、ここで紹介している他の方法を使って理由を言ってください。
3つ目は、怪我や病気を理由にして辞退する方法です。
身体を使って働くお仕事であれば、怪我や病気の完治に時間がかかるため今回は辞退させてほしい旨を伝えます。
以上3つの方法を紹介しましたが、どの方法を使う上でも注意したい点は、辞退の連絡は早めにすること、丁寧な言葉で謝罪の意を伝えることです。
どうせもう縁のない会社だから、といってぞんざいな対応をするのはよくありません。
この世界、縁がどこでどうつながっているかわからないからです。
また、自分が気持ちよく求職活動を終えるためにも、マナーに気遣って辞退の意を伝えることはとても大切なのです。
変なウソをついてもすぐ分かります。
1度きりなのでいいやではなく、しっかりとした対応することが大人の対応です。